RSS | Atom0.3
<< ヅラとは、おしゃれにおいて極めて合理的だとけーもーされた話 | main | あの映画・ドラマにでてきたのはココ!っていうまとめサイト >>

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2016.07.25 Monday | | - | author : スポンサードリンク |

オヤジの格が上がるかも?な、グリーティングカード

このエントリーを含むはてなブックマーク | comments(0) | trackbacks(1) |

JUGEMテーマ:クリスマス


グリーティングカード
画像はD-BROS ZOZORESORTさんのサイトのキャプチャーです

クリスマスに限らず、プレゼントを贈った相手が包みを開けて、驚いたり、大喜びしてくれる様子を見るのは嬉しいものです。贈った側が貰うことができる、一つのプレゼントともいえるでしょう。

この「贈る側の喜び」を最大限増やすため、慎重にプレゼントを選んで、丁寧にラッピングし、グリーティングカードにメッセージをしたためます。ところが、このグリーティングカード、本命のプレゼントに力を入れすぎると、ついついおろそかにしてしまいがちです。

もしも、グリーティングカードの入った封筒を開けた瞬間から「きゃー!」と黄色い歓声を上げさせることができたら、「贈る側の喜び」にボーナスを加えることができます。それを可能にしてくれそうなのが、写真のブツです。
おそらく気の利いたものに敏感なご婦人方は、すでにご存知なアイテムでしょうが、それがゆえに新鮮味が欠けるから贈らない。というのはいささか違うと申し上げます。

ポイントは、アイテムの目新しさではなく、「プレゼントを受け取る人にとって、贈る人がどんなキャラクターと思われているか」です。この記事を読んでいる諸兄が「そんなことをしそうもない人」と思われているほど効果が大きいというわけです。

こういうものがあることは知っていても、「まさかこの人が、アレを出してくるなんて」というギャップに、新鮮な驚きがあるのです。

で、この新鮮な驚きというやつは、不意を突くほど効果があります。たとえば、ふつうに手紙やメッセージカードを渡すようなときに使ってみましょう。平板なメッセージを想定して開封したところにこれが出るのですから、相当のインパクトが期待できます。

もし、こうした使い方をした場合、同じものをクリスマスで出すのはちょっといただけません。でも、そのときには、こういうものもありますから、適宜使い分けるといいかもです。


関連リンク:
D-BROS
D-BROS ZOZORESORT
| 2007.11.08 Thursday | 00:27 | かわいいものクリップ | author : チチ |

スポンサーサイト

このエントリーを含むはてなブックマーク | - | - |

| 2016.07.25 Monday | 00:27 | - | author : スポンサードリンク |









http://kojiru.jugem.cc/trackback/1007
JUGEMテーマ
退職時期もちろん、時期に余裕がなければ2ヶ月後に退職時期を設定するというのは無理だったと思います。転職が理由だったりすると、先方への入社の時期との調整もありますし、やっぱり難しい問題ですね。 JUGEMテーマ:日記・一般. JUGEMテーマ:ビジネス.(続きを読む)
| 芸能人☆2丁目によく出没してますランキング☆ | 2007/11/08 5:16 AM |

最近の記事
カテゴリー
行く川は絶えずしてカレンダー
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
今となっては昔の話アーカイブ
 
Web ここ
最近書かれたコメントコメント
最近のもらったものトラックバック
ブログについて

MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

管理者ページ
無料ブログ作成サービス JUGEM
このページの先頭へ